船乗りによる20代からの資産運用

投資信託で運用中 29歳で総資産600万円(達成) 次の目標は30歳で総資産1000万円 あと170万円

年金支給開始68歳?完全に制度破綻してるでしょ

財務省が年金支給68歳開始案=高齢化対策で審議会に提示―実現には曲折も 時事通信

年金制度は破綻しないなんていうけどさ、
支給年齢変更、納付額増加。
この2つに手を出した時点で年金制度など破綻しているよね。

そもそもこの2つを変更しても破綻していないといいはるならば、
年金の納付額を月5万にして、支給年齢を100歳からにすればいい。
破綻なんてする訳がない。これか破綻でないならば。

今後も納付額は増えていき、支給年齢は高くなるのでしょう。
そして国民年金を40年間納めても、生活保護以外の支給額なのでしょう。

だだ、自分は年金はあくまで

「長生きしてしまった時の為の長生き保険」

だと思っているので、まあ我慢して払っているわけです。

我慢できないのが国民年金をいくら払っても、国民年金だけでは生活保護水準以下になること。

生活保護を撤廃しベーシックインカムを導入し、ベーシックインカム+国民年金を合わせれば十分な生活ができる額になれば十分。




そもそも生活保護は「健康で文化的な最低限度の生活」を保証するものなのだから、国民年金がそれ以下の水準な時点で意味がわからない。

ただまあサラリーマンは厚生年金に加入しているわけだから、国民年金オンリーの場合との納付額の差額分を貯蓄していないのが悪いという言い分は通るきもする。

では何が不満かというと「健康で文化的な最低限度の生活」
この基準が高すぎるのだ。

何故、この基準を満たす為にの生活保護受注者が
便のいい都会に住めるのだろうか?
スマホが必要なのだろうか?
月に2万以上の食費が必要なのだろうか?

自分自身、家賃3万、食費3万、光熱水道通信1万で生活していたことがある。
外食しなければ食費なと月2万で余裕。
月6万あれば、雨風をしのげる家にすみ、光熱水道がつかえ、自炊でお腹を満たせる。

住む場所を限定させれば5万ありゃ十分。
基準が甘い。

最低限度という言葉をを何不自由ないと解釈している人間が多い気もする。

ブログランキング参加中


投資信託ランキング
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です:D
[ 2018/04/15 07:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sailor29

Author:sailor29


28才1ヶ月 貯金開始
29才0ヶ月 総資産270万
29才3ヶ月 投資開始
29才4ヶ月 総資産388万
29才8ヶ月 総資産525万
30才0ヶ月 総資産665万
30才4ヶ月 総資産760万
30才8ヶ月 総資産820万

カウンター
フリーエリア